FC2ブログ
2013-10-20

*本*鬼平犯科帳

皆さん|。・ω・|ノ コンバンワ☆

ここんとこグーンと冷え込んできましたね。
昼間も寒くて半袖じゃ無理っぽいです。
そろそろ衣替えしないとダメですな。

さて兼ねてより読んでまいりました『鬼平犯科帳』1~24巻。
やぁぁぁ~っと完読致しましたぁ!
ま、途中浮気もしながら読んでましたけどね…。

長編5作、短編130作あったようですが、
どれも面白かった!!
文字だけとは言えど、緊張感溢れる張り込み、圧巻する切合いなどは何ともいえないです。
あと、何と言っても外せないのは『食』。
池波作品に欠かせないのです。
池波作品に登場する料理の本なんかもありまして借りてみました。


池波正太郎の江戸料理を食べる池波正太郎の江戸料理を食べる
(2012/03/16)
野崎洋光、重金敦之

商品詳細を見る


その中でも『藤枝梅安』に登場する
大根鍋
これは我が家でも作ったんですが、家族に好評でした!
作り方は
①昆布で出汁をとる
②下湯でした大根を出汁をとった鍋でグラグラ茹でる
③薬味やポン酢などで頂くだけ。
簡単でしょ?長女もモリモリ食べてました!
皆さんも江戸料理作ってみて下さいね。

って、話がそれてしまったけども…
鬼平の最後3巻は長編となっておりまして、22巻の『迷路』


鬼平犯科帳〈22〉特別長篇 迷路 (文春文庫)鬼平犯科帳〈22〉特別長篇 迷路 (文春文庫)
(2001/01)
池波 正太郎

商品詳細を見る


は女将も大変気に入りましたね。
何時もどっしりと構えてる平蔵が苦悩し、怒りを露にするシーンは凄かったです。
これは是非読んで頂きたい!オススメですね。

最後の24巻『誘拐』…


鬼平犯科帳〈24〉特別長篇 誘拐 (文春文庫)鬼平犯科帳〈24〉特別長篇 誘拐 (文春文庫)
(2001/02)
池波 正太郎

商品詳細を見る


密偵のおまさが連れ去られるんです。
で、何時もの様に見張りを付けて盗人宿まで見付けてあとは待つだけ…
ってとこまで来たんですがね…
「作者急逝のため未完」
って、うぉぉぉぉおおおおおいっ!!後が気になるやんかぁ!
そんな感じで、鬼平、少々後味悪いですが完読でございました。チーン。

次は『剣客商売』を読もうと思ってます。
が!
買っても読めてないジャンプを読んでからにしようと思います。
皆さんも是非、秋の夜長に池波作品を読んでみて下さいまし。

では、(*゚∀゚)っ[.+:。★Good night★.+:。]

スポンサーサイト

theme : 歴史小説
genre : 小説・文学

2013-08-07

*本*遠野物語remix/京極夏彦×柳田國男

皆さん(*´ I `*)ノ コンバンワ♪
今日も1日暑かったですね。
今日は長女の工作の材料を買いにウロウロして来ましたよ。

今日は久しぶりに本のお話。

先日久しぶりに本を買いました。
『遠野物語remix』京極夏彦×柳田國男 です。


遠野物語remix遠野物語remix
(2013/04/18)
京極 夏彦、柳田 國男 他

商品詳細を見る


本作は民俗学者の柳田國男が元になっております。
原作は読んだ事ないんですが…。
原作では順番もバラバラで聞いたままの内容となっているそうです。
それを京極夏彦が現代文に訳し、内容を再構成して読みやすくしてあるようです。
遠野に伝わる昔話、河童や座敷わらし、山男に山女、天狗、狐、山姥、信仰など
女将でも分かりやすくて、とても読みやすい本でしたよ(・∀・)アヒャ!!
ただね、何か分からんけど妙に怖さも伝わってきたりも…
文章が凄いからかなぁ…変に想像してしまって(´д`ι)
たぶん子供の頃に読んだら怖くて寝れなくなっちゃうかもw
昔の遠野の子供達はどんな気持ちで過ごしてたんだろうね…
怖くて厠にも行けねぇーわ!((((;゚;Д;゚;))))カタカタカタカタカタカタカタカタカタ

そんなこんなで『遠野物語remix』面白かったです!
さ~て、そろそろ『鬼平』再始動と行きますかね。
では、☆GOODNIGHT☆ (;д;)ノ~▽”。・゜゜・

theme : 最近読んだ本
genre : 本・雑誌

2013-06-04

*本*QED~flumen~九段坂の春

皆さんコンバンワヽ(○・▽・○)ノ゛

すっかり梅雨入りした6月です。
が、やっぱ梅雨らしくないですね…嬉しい様な悲しい様な。

今日もQEDシリーズから『九段坂の春』を…


QED ~flumen~ 九段坂の春 (講談社文庫)QED ~flumen~ 九段坂の春 (講談社文庫)
(2011/04/15)
高田 崇史

商品詳細を見る


今回のはシリーズの主な登場人物の若かりし頃のお話でした。
「桑原祟」から始まって「棚旗奈々」→「小松崎良平」→「御名形史紋」の流れです。
最初から最後まで1つの縁で繋がってます。
が、最後の「御名形史紋」は途中から登場する人物。
スピンオフ(?)の『毒草師』シリーズは彼が主人公となっております。


毒草師 QED Another Story (講談社文庫)毒草師 QED Another Story (講談社文庫)
(2010/08/12)
高田 崇史

商品詳細を見る


最初の事件が、最後の事件とどう結びつくのか…。
主要メンバー以外にも、この小説の登場人物にも注目して読んで頂きたいです。

あとがきには作者の高田先生のインタビューも載ってまして、この話の読み所や
ちりばめられた謎を紹介してくれております。
「えっ!そうなの!?」ともう一度読み返したくなりましたw
って…そんな時間はないですが(´д`ι)

さ、シリーズの続きを借りに図書館へ行ってこようかな♪
と、その前に次女っ子を病院へ連れて行かなきゃな(-∀-`; )
1週間、下痢が止まりません…辛いです…。

では、オヤスミナサイ_〆┤’-'*├

theme : ミステリ
genre : 小説・文学

2013-05-21

*本*QED~河童伝説~

皆さんヾ(o´ェ`o)ノGOOD MORNING!!

最近図書館にハマってる女将です。
だって、タダで本が読めるんだも~ん
タダってステキ(〃ノωノ)

それはさておき、久しぶりに本の話。
今回は…ってか「も」高田崇史のQEDシリーズから
河童伝説を。


QED 河童伝説 (講談社文庫)QED 河童伝説 (講談社文庫)
(2012/10/18)
高田崇史

商品詳細を見る


今までも、百人一首や昔話に纏わる裏を説いてきておりましたが
今回は妖怪・河童です。
河童って可愛いイメージしかなかったけど、この小説を読む限りとても残酷なんですね
何故河童は人を川に引きずり込むのか、尻子玉を抜くのか、女の人を襲うのか…
読んでいくと裏の話が浮かび上がってきますよ。
しかも全国各地に河童に纏わる神社や呼び名があることにも驚きました。
シリーズで読んでいくと歴史上の人物が繋がって出てくるので面白いですね。
現実の(話の中)事件も壮絶な事件でドキドキしましたが、主な登場人物とあまり関わらないのでチョット残念。
前回の『~怨霊将門~』も事件こそなかったけど平将門の裏の顔が見れて面白かったです。

歴史は苦手やったけど、こういう表には出てこない裏の歴史を
いろんな解釈で読ませてくれるQEDシリーズは面白いですね。
是非、皆さんも読んでみて下さいね~。

さ、次の『~九段坂の春~』を読み進めよう!
では、よい1日を。またねぇ(・ω・)ノ▽

theme : ミステリ
genre : 小説・文学

2010-03-03

*本* 鬼平犯科帳5 ~池波正太郎~

皆さん、おはようございます

チト暇なモンで…って何時もやけど、何か書こうかなぁ

この前まで、今までと違った本を読み漁ってた女将。

落ち着いたんで再び『鬼平シリーズ』に戻りました~

この前呼んだのが池波正太郎さんの『鬼平犯科帳 5巻』です。

鬼平犯科帳〈5〉 (文春文庫)鬼平犯科帳〈5〉 (文春文庫)
(2000/05)
池波 正太郎

商品詳細を見る


その中のお話『兇賊』が気に入りました!

1人盗賊、鷺原の九平の活躍。

長谷川平蔵暗殺を企てる『網切りの甚五郎』の過去の恨み。

平蔵の危機迫る斬り合い。

そして、甚五郎の最後…

久し振りに文字でドキドキしました~

いや~、池波ワールドにどっぷりと浸ってますぞ!

只今6巻を読んでます

今年中に24巻まで読めるかな…

頑張るじょ~~~

theme : 読書
genre : 小説・文学

tag : 池波正太郎 鬼平犯科帳

FC2カウンター
プロフィール

亀ちゃん

Author:亀ちゃん
かめ屋の女将です。ドランカーの旦那様とオタク長女、怪獣次女っ子の4人暮らしです。趣味は音楽、読書、ゲーム、ハンドメイド、神社巡りなどなど…。毎日ドンヨリ、でも楽しく過ごしてます♪

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
Amazon

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

憩の場

女将的お小遣い
*ECナビ*
メールやアンケート(リサーチパネルに登録)、ゲームでポイントがもらえます。結構貯まりやすくてオススメ♪10p=1円で5000p~換金出来ます。 お得なポイント貯まる!ECナビ

*マクロミル*
アンケート配信は多い方だと思います!1p=1円で500p~換金。超オススメです! マクロミルへ登録

*Get Money*
1メール10pもらえたり、無料登録やお買い物、資料請求等でポイントが付きます。10p=1円で5000p~換金出来ます。付くポイントも大きいのが魅力かも…換金スピードも速いです。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク